走行音(10) しなの鉄道169系湘南色

 

長野駅にて

 

  • 2009年3月15日(日)収録
  • 小諸11:32発→長野12:35着(普通)
  • モハ168-6(S52編成)収録当時は湘南色

詳細とダウンロードはこちらのページから

 

ジョイフルトレイン改造車を除き、直流急行形車両で現存するのは、しなの鉄道に譲渡された169系だけとなっています。しなの鉄道では昨年から今年の春にかけ、信越本線開業120周年を記念して169系1編成を湘南色に復刻して運行しました。このファイルは、乗りに行った記念に録音してきたものです(もっとも塗装は音に関係しませんがw)。春休み中とあって車内には親子連れも多くおりました。沿線にも多くのファンがみられました。

※走行音の聴き方…リンクを開き、向こうのページで「ダウンロード」アイコンをクリックします。試聴の場合は「開く」を選んでください。自分のパソコンへダウンロードする場合は「保存」を選んで保存場所を指定してください。保存した場合は、個人利用の範囲内でお楽しみください。

 

↓169系車内(内装は改良されています)

収録中に撮影w

 

↓収録前日に開業したばかりの千曲駅に停車中…

参考サイト:しなの鉄道「千曲駅」開業|鉄道ニュース|鉄道ファン・railf.jp

169系車内から

 

↓待合室の窓に車体が反射しています

上田駅にて

 

↓しなの鉄道色の169系(参考)

戸倉駅にて

 

以下のサイトも是非ご覧ください↓

広告
カテゴリー: 録り鉄 パーマリンク

走行音(10) しなの鉄道169系湘南色 への2件のフィードバック

  1. 一紀 より:

    169系湘南色、やはりステキですね。贅沢を言えば、湘南色はもっと長い編成であってほしいですが(^^;)そんなわがままは言えません・・・復活してくれただけでありがたいものです。

  2. 8muko より:

    >吉田一紀さん写真や模型でしか見たことのなかった湘南色の169(165)系、私も感動しました。国鉄末期からJRにかけては各地でオリジナルの塗装になっていたりもしました。かくいう私も小学生の頃はよく三鷹色の165系を見ていましたが、やはり湘南色が一番シンプルでかつ貫禄があると思います。俯瞰写真などでみると、湘南色3連ではやはり物足りないですよね…。色を問わなければ、朝ラッシュ時は2編成で6連を組んでいたりするようですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中