寝台特急はやぶさの旅⑥(ダイジェスト版)

 

今年1月中旬、寝台特急はやぶさに乗る旅に行ってきました。旅日記は⑤までで中断していましたが、寝台特急富士はやぶさが廃止されてからもうすぐ1ヶ月が経とうとする今、執筆を再開しますw

名古屋駅(父撮影)

東京駅発車後しばらくは、帰宅ラッシュの京浜東北線の電車と並走します。帰宅する人と九州を目指す人…鉄道は様々な人々に利用されているんですね。とりあえず東京駅で買った弁当で夕食を済ませました。

客車内を探検してみると、洗面所やトイレの他に冷水機もありました。

洗面所(父撮影)

トイレ・冷水機(父撮影)

21時に就寝放送が流れ、車内は減光されます。私も歯を磨きシーツを敷いて横になりましたが、初めての寝台列車に興奮してしまったのか寝つけませんでした。暖房はよく効いていたので寒くはありませんでした。また私が乗った車両に積まれている発電機の音も、車内では静かで問題ありませんでした。むしろ私にとっては心地よいぐらいでしたw

旅行先でよく聴くJET STREAMを滋賀県~京都府・大阪府のFM局をリレーしながら聴きました。大阪を1時過ぎに発車した辺りでようやく眠れましたが、5時ごろ次に停車した広島で目覚めてしまいました。睡眠時間4時間…今後の行程に支障が出そうですw

 

6時から車内放送が再開し、山口県あたりで夜が明けてきました。当日は曇っていて日の出は見られませんでしたが、瀬戸内海は綺麗でしたよ。→ 動画を見る

車内販売が始まりました。グルメの父は個数限定のあなごめしを購入していました。

あなごめし(父撮影)

 

下関と門司で牽引機が変わりました。なお、富士とは門司でお別れしました。機関車が替わる度に大勢の鉄道ファンが作業を見に集まります。→ 動画を見る 門司駅(音量注意)

付替え-下関駅(父撮影)

付替え-門司駅(父撮影)

 

博多駅(父撮影)

九州に上陸してから次第に眠くなってきたので熊本に着くまで暫し仮眠をとりました。いつでも寝れるというところがいいですね。そうして熊本に到着。初めての九州旅行がスタートしました。(つづく)

熊本駅

広告
カテゴリー: 旅行 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中