武蔵小金井駅南口 改札移設後の状況

 

先週武蔵小金井の南口駅舎 もうすぐ取り壊しか?の記事でお話した、武蔵小金井駅南口の続報です。

従来の改札の最後の日となる昨日24日、外出先からの戻りが遅くなり、武蔵小金井駅に戻ってきたのが23時ごろとなってしまい、早く家に帰ろうと思っていたところ、明日から南口が新しくなることを思い出し、普段は北口ユーザーながら少し遠回りして南口から出札してみました。

 

南口の建物の中には事務室もあり、かつて小学校の調べ物で「電車は停電になることはあるのか?もしなったらどうなるのか?」という疑問を、友人とアポなしで突撃取材しに行った時に案内させられて入ったことがあります。丁度夏の一番暑い頃でしたが事務室の中はエアコンが効いていてとても涼しかったのを覚えています。

アポなしにもかかわらず駅員さんは懇切丁寧に答えてくれました。「鉄道の電気は家庭用とは別電源なので大丈夫」と。昨年4月には国分寺駅近くの火災の影響で停電して中央線はダイコン乱になりましたがねw↓

中央線快速電車運転見合わせ…変電所火災で

 

話は戻りまして、私が通ったのが深夜だったこともあり、その事務室から長椅子などを駅員の方々がせっせと運び出しているのを見れました。やはり南口駅舎は取り壊しか…というのを改めて認識させられました。

新しい改札口の方では工事作業員の方々が最後の仕上げ作業をしていましたが、よく見るとまだ自動改札機が設置されていませんでした。変だなぁと思いながら最後の南口を後にしました。

 

日付変わって今日、駅方面に出かける用事ができたので南口にも行ってみると、やはり今までの南口駅舎にはバリケードが築かれていました。屋根裏の部分にあった駅名標も取り外され、見るも無惨な姿でした。よくみると自動改札機が取り外されていたので、どうやら一晩のうちに自動改札機は新しい方へ移されたようです。昨晩は気づきませんでしたが、駅前にあったQBハウスやマクドナルドも閉鎖されていました。武蔵小金井駅南口再開発もこれから佳境に入るようです。

(旧)武蔵小金井駅南口

 

新しい南口は高架ホームの真下にあります。今までの駅舎のすぐ右に入口ができていました。

(新)武蔵小金井駅南口

 

ついでに他の再開発の様子もうp。かつて公会堂があった場所にはイトーヨーカ堂が、今年春にもオープン予定だそうで。先日新聞の折込チラシ(アイデム)にもスタッフーwの募集記事が出ていました。右の高層マンションもつい最近できたばかりです。

イトーヨーカ堂

 

こうして街はどんどん変わってゆきますが、私の記憶の中にはいつまでも生き続けることでしょう。むかし小金井、フォーエバー!!(意味不

広告
カテゴリー: 中央線全般 パーマリンク

武蔵小金井駅南口 改札移設後の状況 への2件のフィードバック

  1. 8muko より:

    >モタナさんむかし小金井はいい文句になりそうですね(笑)南口が一晩でこんなに変わり果ててしまったんです。月曜日には白い壁ができて、前の駅舎はほとんど見えなくなりましたし…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中