中央線上り 新宿駅の発車メロディを省略

 

まずは下のリンクのニュースを読んでもらいたいと思います。↓

「駅メロ」が消える? 新宿駅で駆け込み防止実験 – MSN産経ニュース

 

私はよく中央線快速で都心へ出るのですが、そういえばここ最近、新宿駅で“すすきの高原(8番線発車メロディ)”や、朝ラッシュ時の“海岸通り(7番線発車メロディ)”が聞こえず、いきなり「8(7)番線、ドアーが閉まります。ご注意ください。」の音声しか流れないので、さては吉祥寺と同じような実験だなと思っていました。

というのも、JR東日本では昨年12月より、同じく中央線快速の吉祥寺駅の発車メロディをE233系の車外スピーカから流す実験を行うなど、発車メロディについて見直しを図っているのです。吉祥寺駅の実験は、車両から発車メロディを流した方が階段付近で聞こえにくくなるのでは?ということだそうです。ついに新宿駅では、メロディが全く流れなくなりました。

当初は陳腐化した笛や発車ベルにかわるものとして登場した発車メロディ。好評を博し、各駅のご当地メロディなるものも登場しましたね。鉄道趣味の中にも「音鉄」といって発車メロディを楽しむジャンルが確立されるなど、徐々に全国的にも浸透しつつあった矢先でした。

しかし発車メロディが聞こえるとつい急いでしまうのも事実。10年ほど前、確か日本テレビ系列の“スーパーテレビ”だったと思いますが、山手線の特集で、発車メロディを作曲している人は「なるべく急ぎ足にならないようなテンポで曲を作っている。」と話していました。やはりそのような努力にも限界があるようですね。

広告
カテゴリー: 中央線全般 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中