「上沼垂」…ちゃんと読めてましたか?

 

よく新潟地区の鉄道の話題で上沼垂運転区というところがでてきます(現在では新潟車両センターと名前が変わっています)。ここに所属していた165系電車はオリジナル塗装だったため、「上沼垂車」などと呼ばれ他と区別されていました。同じくここの485系電車も「上沼垂色」と呼ばれるオリジナル塗装になっています。

正直、この「上沼垂」の読み方がわからないまま1年ぐらい過ごしていたのですがw、新潟地区の鉄道について調べていたある日、Wikipediaの記事でついにわかりました(上沼垂に読み方が振られていました)。

かみぬったり

最後が「たり」って、普通は読みませんよね?古くからその地域は沼垂(ぬったり)と呼ばれていたそうです。古くからの地名って難読が多いですよね~。

でもこれでまたひとつ知識が増えました。難読地名が読めるようになるたび、私はそれだけ物知りになったんだなぁと思っています。

広告
カテゴリー: その他の鉄道関連記事 パーマリンク

「上沼垂」…ちゃんと読めてましたか? への3件のフィードバック

  1. Takamitsu より:

    ども~。こちらでは初めてのコメントかも。私も最初は「上沼垂」は読めなかったですよ。かみぬますいとか勝手に思い込んでいたようなww鉄道関連では他にも難読駅名等が多数あるので、全て読めるようになるのは大変かも…?長野にも篠ノ井線の冠着、飯田線の鼎などなど…いろいろあります。上沼垂の165系、カヌ車なんて呼んでいました。ムーンライト色1本を除きすべてデカ目ライトだったり、トップナンバー編成がいたりと急行形好きにはたまらない編成ばかりでした。

  2. Takamitsu より:

    あ、投稿者名はサインインしてる時の名前が出るんですね(^^;;↓はいつもコメントもらってる「ずくなし」のまつです。どうぞよろしくです~

  3. 8muko より:

    >Takamitsu(まつ)さんコメントありがとうございます。今までこちらにコメントを寄せてくれるかたがいなかったので全然チェックしてませんでした(>_<)年越す直前にコメントに気づき、年越してから返信してます(笑)やはり最初は皆さん上沼垂を読めないようでw カヌ車という呼び方は当時の車体表記からですよね。165系の中でも貴重な車両が多かったんですね~それは知りませんでした!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中