鉄道博物館に行ってきました。

 

更新凍結中だった3ヶ月前の5月中旬に、友人と2人で大宮の鉄道博物館に行ってきました。

開館時間には行列ができていて、とりあえず一番空いていそうだった特別企画展ブースへ…

企画展示入り口(中央線)

丁度この時は中央線の展示をやっていました。てかこれが今回一番の目当てでした。(笑)

入り口には201系電車が再現されています。ちなみに方向幕も時間毎に変化します。中の写真撮影はできないため詳しくお伝えすることはできませんが201系電車を中心に甲武鉄道時代の貴重な資料まで、地元民にはたまらない展示でした。2時間弱も見入ってしまいました。(笑)

そして常設展示のほうへ移動。

昔の車両がいっぱい!!

本当に多くの車両達が集結していました。実際に中に入れる車両もいっぱいあります。もう少し照明が明るければいいなと思います。

非常用ドアコック

窓から手や顔を出さないで下さい

どの車両だったかは忘れてしまいましたが、非常用ドアコックなどの注意書きは昔も変わらなかったんですねぇ。

網棚が本当に紐の網でした。

101系電車

中央線の先代101系電車。もともとは青梅鉄道公園にあった車両?となりではマスコン(マスターコントローラ)操作の体験ができます。

停車駅のご案内

車内には昔の広告類が展示してありました。停車駅案内だけは例外的に現在201系で使われているものでした。

国電

例えばこんな感じ。現在の首都圏鉄道路線案内と見比べてみるのも面白いでしょう。

HI360821

103系電車があった頃は当たり前だった扇風機。小学生以来で懐かしいです。

栓抜き

急行形電車に乗ったときの1枚。栓抜きとは!!…時代を感じますね。

「快速マリンドリーム」の表示でした。

他もHOゲージを除いては一通り見学しましたが、丸一日かかってしまいとても疲れました。

現在の鉄道は車両に限って言っても居住性が向上しています。しかし昔の鉄道はどうだったかを知ることも大切だと思います。この点で鉄道博物館には貴重な車両が多数あり、実際に乗車体験もできるので皆さんにも一度は訪れてほしいと思います。鉄道に興味がない人でも十分楽しめます。

もう少し欲を言うなら車両が動いてくれれば…ローマのコロシアム保存活動でも、コロシアムが当時と同じ機能を果たせなければ意味がないというコンセプトの下で行われているそうですし、車両も動かないとせっかくの価値が下がってしまいますよね。

今回のレポートは筆者自身の記憶に基づいて書かれたため情報が誤っていた場合は御容赦下さい。

最後にラーニングゾーンにて。団体客は実際に車掌の戸締め体験ができるそうですが…

広告
カテゴリー: その他の鉄道関連記事 パーマリンク

鉄道博物館に行ってきました。 への2件のフィードバック

  1. HIROOUJI より:

    ハムコさん鉄道博物館の写真見せてもらいました。大きな画面で迫力がありますね。僕も新しい大容量のWindow Liveをダウンロードしなければと思っています。ハムコさんの言われる通り鉄道博物館は世代によって懐かしいと感じるものが違うのは面白いですね。だから家族で出かけると皆陳列してあるものの対象が違うでしょうね。僕は子供の頃もう見ることのできないチョコ電のモハ73時代を経験してきました。103は仕事がいちばん忙しい時でした。やはり中央線の201は国鉄時代の通勤電車として最高傑作と思っています。どうもありがとうございました

  2. 8muko より:

    >HIROOUJIさんご覧頂きありがとうございます。鉄道博物館は世代を問わず楽しめますね!私は普段Windows Live Writerで記事を書いていますが、そのとき写真も挿入しておくと文章と一緒にアップしてくれますよ。大きめの写真も大丈夫みたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中