中央線快速電車運転見合わせ…変電所火災で

 

4月10日木曜日朝8:20頃、いつも通り武蔵小金井駅へ行くと、何やら20m程の列が??バスを待つ列かと思いきや、何とそれが駅へと続いているではあ~りませんか!?!?

その時筆者がFMケータイで聴いていた『TOKYOFM TRAFFIC REPORT』によれば、中央線快速電車は国分寺駅付近での変電所火災の影響で運転見合わせとのこと。だが周囲の人は駅の案内放送など聞こえるはずもなく「どうやら中央線が止まっているらしい」と、漠然としたことしか判らずにただ並んでいました。

並び始めてから約30分後、ようやく改札口まで辿り着いたのですが、駅の放送によると、復旧には相当の時間を要するとのことなので、振替輸送で目的地まで目指すことに。窓口で振替乗車票を受け取ったものの、既に40分駅前にいたことに…。その後道路渋滞によるバスの遅延等もあり、目的地には予定より約1時間30分も遅れてしまいました。

4月10日10:30頃の四ッ谷駅

途中四ッ谷駅を通ったとき、快速ホームに停車中の電車は乗客を降ろし、ドアーを閉めて完全に運休体制に入っていました。表示も[ 回 送 ]となっています。

結局、他の東小金井などの変電所からのバックアップを受けて運転がストップしてから7時間後の15:00頃に運転を再開したらしいのですが、「対処するのにこれほど時間が本当にかかるものなのだろうか?日常的に訓練しておけば、もっと迅速に対応できたのではなかろうか?」と思いました。

ちなみに夕方も、4割程度の間引き運転だったので振替輸送が使えました。

送電ストップ! 中央線が運転見合わせ 国分寺駅近くで火災  – MSN産経ニュース

広告
カテゴリー: 中央線全般 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中